関東の風俗で勝ち抜くためのノウハウ

女の子も私のちんぽを追い込んで

さきほど見たものと違ってスカート越しに見えるパンチラはモチベーションが上がります。小山市の風俗嬢パンティの隙間から指を入れてツルツルパイパンを気が済むまで手マンしました。おまんこはしっとりと濡れていてビラビラの感触もとても気持ちのいいものでした。「あ、いや〜ん」女の子は夢の中にいるような感じで目がとろんとしています。

来ているイメージプレイ用のスーツを脱がすと女の子も体を捻って協力してくれます。パンティ姿の女の子に抱きついてブラジャーを取って形の良いおっぱいをモミモミすると「はふ〜ん…気持ちいいわぁ…」なんてと寝とぼけモードですよ。女の子の口にフル勃起ビンビンになったちんぽを持っていくと女の子がパクッと咥えてくれます。。心がこもったフェラチオを一心不乱にしてもらいまいた。

根元まで飲み込みそうな勢いに負けそうなんで、女の子のパンティをずりおろして剥ぎ取ってシックスナインの体勢になります。パイパンおまんこからは大量に淫汁を垂れ流しながら女の子も私のちんぽを追い込んでくれます。やがて波がきて精液どばばっと発射してしまいました。

デリヘルの特徴と注意点

関東にはさまざまな風俗があります。その中でも、デリバリーヘルス、略してデリヘルについてご紹介します。デリヘルは出張ヘルスとも呼ばれ、女性が自宅やホテルまでやってきて、サービスしてくれるものです。自分が希望の場所を指定することで、よりリラックスして遊べるところが魅力の一つです。種類が豊富で、ノーマルなヘルス系のものはもちろん、コスプレ系や、SM系など、店によってさまざまなタイプがあります。24時間営業の店も多く、どんな時間でもサービスを受けやすいため、仕事の時間が不規則な方にも利用しやすいです。また、店舗に直接行くことはないので、土地勘がない場所でも電話番号が分かれば容易く利用できます。そのため、出張時や、旅行時などに開放的に遊ばれる方も多いようです。つまり、関東圏以外の方が利用されることも、比較的多い風俗といえるでしょう。ただし、場所に融通が利くとはいえ、シャワーや浴室がない場所には呼べないことが多いです。その辺には注意して遊びましょう。

ルールを守って楽しくデリヘル

風俗の中でも、デリヘルはよく見かける業種だと思います。関東でも、多くの人に人気のあるサービスです。デリヘルは、女性に指定場所に来てもらってサービスを受けますが、明示されているプレイ内容以外の行為は、禁止されています。また、撮影や盗撮なども控えましょう。女性との個人情報の取引も、基本的に禁止されており、女性から客に連絡を入れる必要がある場合も、非通知で行われることが多いです。泥酔している方も、まず断られてしまいます。自宅に呼ぶ場合、部屋を片付けていない方も、注意を受ける可能性があります。どんな時間も気軽に来てもらえるデリヘルですが、こういった注意点は守って遊びましょう。そうしないと罰金などを取られる可能性も出てきますし、サービスをしてくれる女性からも嫌がられてしまいます。しかし、ルールを守って遊べば、楽しく甘い一時が過ごせるデリヘルは、非常におすすめです。寂しい夜はデリヘルで癒してもらえば、体も心もすっきりしますよ。

池袋に交際クラブがない理由

厳密には池袋に交際クラブがないということはありません。しかし、池袋を拠点とした店舗が存在していないのには理由があります。池袋や新宿は人の往来が非常にある地域ですし駅も大きい傾向があります。しかし、なぜこれだけの市場がある理域に店舗が存在しないのか?それは、業界のメインエリアとなる場が、渋谷や銀座であることが原因と言えるでしょう。本来は東京でも活気のある交際クラブ業界ですので様々な場でも十分に需要があり営業展開できるはずです。しかし、結局のところ交際クラブ店舗が重要視しているのは、女性の入会ではなく男性の入会にあるということの裏返しなのです。入会資格を満たす男性がいるエリアが新宿や池袋といった大衆的な地域なのかといわれるとそうではないことは明白です。渋谷区・港区・中央区といった富裕層が存在している地域となるでしょう。ですので、一般的な所得のサラリーマン男性などは相手にはしておらず、基本的には交際クラブを自由に遊ぶだけの資金力のある男性がターゲットなのです。また、店舗が活動しやすい環境も重要視されている可能性があります。まず、高級ホテルなどが入会に使われます。すると、そのようなホテルや施設がある場は限られてくるのです。一般的なシティーホテルや喫茶店などでも可能ですが、入会者の心理を考えると大衆的な場を好むとは考えにくいです。あくまでも、プライベートな空間がしっかりと確保出来ていなければならないでしょう。こういった理由から、問い合わせがあれば店舗側が入会希望者がいるエリアまで足を運ぶことはできるものの、基本的にはターゲットとなる男性を暗黙で厳選している傾向になるのです。昨今では料金の安い低価格でサービスを展開する交際クラブも増えてきている可能性はありますが、そういったコンセプトを持つ新規店でもない限りは、徹底した運営方針でもない限り交際クラブのレベルや質を保って大衆エリアを拠点にサービス展開することは難しそうです。需要がないわけではないでしょうが、そのような理由があるのだと考えられます。また、各地域で届出書を出すことになりますが、土地ごとの公安の申請のスムーズさや認識度によっても、営業がしやすい地域があるのかもしれません。
東京の交際クラブ・デートクラブ情報|プレミアム交際クラブガイド

最新体験談